今、気になっているテント

finetrackさんの原宿店に立ち寄った時に見かけたテントが非常に気になっています。登山中に見かけることはあまり無いのですが、今後確実に人気がでてきそうな気配を感じました。

その名は、「カミナドーム」。

実際に商品をみて衝撃を受けたのは、

・テント生地の薄さ
・居住性の高さ
・長方形のパッケージ

です。

・テント生地の薄さ

見て触るとわかるのですが、かなり薄い。軽量化に貢献してくれるでしょう。

フライとインナー、ボトム全てに66ナイロンリップストップ生地を採用。強度、耐摩耗性に優れるため、タフさと軽さを備えることができます。
また、ファイントラックの特許製法として、張力のかかる各辺に超高強力ポリエチレン繊維ダイニーマ®を用いたテープを縫い込んでいます。これによりテントの剛性を大きく向上させ、軽量な生地でも十分な強度を実現しています。

・居住性の高さ

実際に入って感じたのですが、テントの中にいるときは端っこに寄って真ん中にコンロを置くことがおおいですよね。そうすると、背中や頭にテント生地が常にあたって寒いのです。しかしながら、カミナドームだと確かに頭の辺りのスペースがかなり広く感じる。

異なるタイプの径のポールを使い分けることで、壁が高い角度で立ち上がる広い室内空間。暑い季節にも快適さをもたらす入り口のメッシュ窓。風や雨でヨレない高強度の各辺。これらすべてが融合することで、快適空間が完成しています。

・長方形のパッケージ

多くのテントはたたむと円柱型になりますよね。これとてもパッキングするときに悩みます。隙間に何入れようかとか。ところが、カミナドームは長方形なので、パッキングがとてもし易い!!

今度テントを買うときは、これを試してみようと思います。

ファイントラック(finetrack) FAG0311 カミナドーム1  OG:GY

関連した山行記事