部室

日々部員たちがたむろしている部室。豊富な山の資料と自作のクライミングボードに囲まれたおしゃれな部室。特に、部室の中に作られたクライミングボードは大学山岳部を探してみてもそうそうないんじゃないでしょうか。

6号館と記念館の間をすり抜けて(喫煙所?の横を抜ける)階段を下りるとトイレがあります。そのトイレの3つ左横が山岳部の部室です。

看板が掛けてあるのでわかりやすいと思います。

間取り:1L
広さ:12畳ほど
設備:冷暖房完備・人工壁

部会はもちろんのこと、トレーニングにも最適なところです。フリークライミングから人工登攀の練習までなんでもできるのがこの部室の特徴でしょう。

■現役自作のクライミングボード。

20130127_151739

 

スチールラックに山の装備が並んでいます。テントはもちろんのこと、登攀具もたくさんありますのでどんな道具をつかって山に挑んでいるのかわかりますので、部室をのぞきにくるだけでも楽しいと思います。

20130127_151750

部会の前に、雨の日のトレーニングに最適な大きさの人工壁。当然マットも完備しているので安全面も完璧。写真はまだホールド未設置ですが、いろいろなムーブが楽しめるボードです。

20130127_151807

山に入る前の検討会。山から帰ってきてからの報告会。

■山の資料
蔵書100冊以上!!といいたいところですが、数えたことがありません。本棚一杯であふれているほどあるのでそれくらいあるでしょう。山岳写真集から入門ガイドまで様々な蔵書があり、出版社は山と渓谷社に偏りがち??これまでの山行記録も豊富にあるので、行きたいとおもったらある程度の資料はあつまること間違いなし!

これまでの部員が撮りためた写真も沢山あります。是非一度見にきてください。

■装備格納倉庫
団体装備(テント、調理具、登攀具等)が入っている倉庫です。入山する時期、山域によって装備が異なるので様々な装備が入っています。もちろん、個人装備の予備も入っているので”まずは一度いってみたい”という場合に貸し出しもできます。限度はありますが、、、。

One thought on “部室

  1. 2017/02/12 at 21:13

    青山学院大学山岳部さま

    突然のご連絡、恐れ入ります。

    新宿ボルダリングジムBOULCOM 代表の小野と申します。

    青山学院大学卒業の者として
    東京オリンピックの競技に選ばれたクライミングを青山学院の学生を通して
    競技人口を拡大させていきたいと考えております。

    メールさせていただいた背景ですが、
    クライミングブームに伴いメディアの露出が多くなっております。

    現時点で取材の予定は立っておりませんが、
    メディアが入る際に是非、ユーザとして協力いただきたいです。

    【取材実績】
    ・テレビ東京 ありえへん世界
    ・日テレ NEWSZERO
    ・太陽企画様の某飲料メーカー様オーディション
    ・参議院議員 佐々木さやか氏「さや活」
    ・吉本興業ジャルジャルの「ドコいくP・H」
    ・フジテレビ めざましテレビ「イノ調」
    ・NHK Let’s クライミング

    めざましテレビの撮影風景
     ⇨https://www.facebook.com/boulcom/?ref=page_internal&hc_ref=PAGES_TIMELINE&fref=nf

     放送日: 2017年2月16日(木) 朝7:00

    ぜひ、オフトレや懇親会等の場所の利用として
    一度遊びに来ていただければ幸いです。

    どうぞ、よろしくお願いいたします。

    BOULCOM 代表 小野
    http://boulcom.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。