個人山行:八ヶ岳アイスクライミング

期間:2017/2/4,5
場所:八ヶ岳 赤岳鉱泉
メンバー:中西(3年)、田口(2年)、杉本(1年)、村上(監督)、中尾(OB)、他の仲間たち

いつもの通り、金曜日夜に離京する。中央道は小淵沢ICまで雪もなく快適に進む。高速道路を降りて、美濃戸口に向かうがほとんど雪がなく少し不安になる。美濃戸口駐車場でテントを張って仮眠。

2/4 6:30 起床
テントの中でお湯を沸かして、各々が買ってきたカップラーメンで朝飯を済ます。

8:00 美濃戸口から赤岳山荘まで車で移動
雪は車に踏み固められており、つるつる。前情報通りスタッドレスを履いた4WDでないと絶対に危険。更に金属製チェーンは必ず携帯しておいたほうがよい。理想的には美濃戸からチェーンを履いてからいったほうが安全。

9:30 赤岳山荘出発
車を止めて出発準備。そんなに寒さは感じないが、-8度くらいだったようだ。今回の計画は赤岳鉱泉までなのだが、やたらと荷物が多い。それもそのはず、監督とその仲間たち(大人1名子供4名)の食料と巨大なアルミ鍋、ジャンボテントを背負っていかないといけないから。
北沢を詰めて行くが、程よく雪が踏みしめられていて歩きやすい。小さな子供たち(中1、小6、小2)もアイゼン無しで転ばずに歩くことができた。

12:00 赤岳鉱泉 到着
雲一つない快晴で風もなくポカポカだ。八ヶ岳ってこんなに暖かかったけ?
アイスキャンディーはすでに簡単なルートにロープが張られてしまっている。仕方がないので、適当なところにトップロープを設置。16時過ぎまで登っていたが、人数が多くて一人1本づつ。

17:00 晩御飯の調理開始
大人5人、子供4人分の調理開始。メニューは玉ねぎ人参じゃがいもを生のまま持参。そして、鶏肉1.5kg入れたカレー。米は1升。食べきれない量に見えたが、あっという間に皆の胃袋に消えていった。

20:30 就寝

2/5 7:00 起床
もっと早く起きる予定だったのだが、思いの外あたたかすぎる。八ヶ岳だというのにテントの中はポカポカ。小屋に泊まっていた子供たちがテントにきて起こされるという失態。そそくさと朝ごはん(ラーメン)を作る。

9:00 アイスキャンディー
前日の晴れから一転して小雪が舞っている。さすが日曜日。朝からどんどんルートが埋まっていく。初心者体験講習というのが開催されていた。
2本づつ登ることができたものの、雪がどんどん降ってき始めたので下山することに。

12:00 赤岳鉱泉出発 13:20 赤岳山荘
テントを片付けてさっさと下山。子供たちも下りは早い。あっという間に下山してしまった。
そして、もみの湯に移動して汗を流して体を温める。
雪はどんどん強くなってきていて、風呂に入っている間に車が雪に埋もれている。20cmくらい積もっていた。

中央道はなぜか渋滞なし!あっという間に帰宅することができました。

関連した山行記事

  • メディア掲載のお知らせ2017/09/21 メディア掲載のお知らせ Campicさんでご紹介してもらいました。 【特別コラム】青山学院大学山岳部 […]
  • 2014年春合宿 5/3-5/5 白馬・杓子2014/05/08 2014年春合宿 5/3-5/5 白馬・杓子 参加メンバー: 現役:真下、中西、増子、池内 OB:下河辺、斉藤、土田、鈴木、小山、羽田 監督会:角田コーチ、村上監督 他:石井、木村、ほか2名 5月3日 曇り […]
  • 屏風岩 雲稜ルート 2002年8月31日2013/01/31 屏風岩 雲稜ルート 2002年8月31日 屏風岩 雲稜ルート […]
  • 2020年度新人部員大募集中2020/04/28 2020年度新人部員大募集中 山にクライミングに興味のある方 新型コロナの影響で大学でのクラブ活動をお悩みの皆さん。入部したい!入部する前に話を聞きたい!方現在、活動停止の状態ですので/Twitter […]