奥又白池BC 前穂東壁 2002年9月22日

奥又白池BC 前穂東壁 2002年9月22日
‥西澤、羽田、鈴木、村上、中尾、米澤、宗像
上高地から歩くこと4時間。左側に聳え立つ岩壁がそれ。花崗岩できた大きなビルのよう。高低差は400mを越え、最も長いルートでは10ピッチを越えるものもあり、フリー/人工ともに最高の岩場だ。

P1010034   P1010022   bc_b start_b

■記録

■北条-新村ルート
当初は伊東を待っての出発を考えていたが、午後から天候が崩れるとの予報があったので、急遽伊東を待たずしてアタックすることにする。(伊東ゴメン!)歩き始めるが伊東への申し訳ないとの気持ちで足取りが重い。

P1010026P1010027
取り付きまでは、BCからトラバースしていくこと1時間弱くらいだ。北条-新村ルート、松高ルートともにすでに先行パーティーがおり、取り付きのテラスで1時間ほど時間をつぶす。最初の3Pは高度感はあるが、ホールド、スタンスともにしっかりしており一気にツルベで抜ける。そこを越えるとハイマツテラスに到着。テラスで村上がビレーをしていると、奥又に着いた伊東から携帯に電話が・・・。ハイマツテラスって携帯が入るんだとビックリ。あとで調べてみたところどうやら上高地にDocomoのアンテナがあるらしい。まだam8:00だというのに奥又についてしまったとのこと。ここから終了点まで3P。急げば1時間半で登攀終了->すぐ下山で2時間。計3時間半で午前中には奥又に戻れる計算だ。天気も持ちそうだから、もう一本登ることの覚悟を決めて意気込む。
しかし、、、2つ前のパーティーが核心の2段ハングで時間がかかっている。このあとまだ1パーティーいる・・・。と思ってたら、核心トライ中にフォール。再トライは落ち着いてからということで、先に登らさせてくれるとのこと。こっちは3人パーティーなのになんとありがたい話か。。

P1010030

核心部は先パーティーの残置があるので、途中までお借りする。まずは1段目の小ハングをそのまま越える。2段目のハングは右から抜ける。アブミをかけ数段あがってからハング右へ向けてフリーに移る。ハング上はガバがあるので、一気に体を持ち上げることができた。大き目のスタンスに足をかけてからトラバース。このトラバースは外傾しているため慎重にスタンスを決める。つもりが、足を滑らせ3mほどフォール。2段目のハングまでもどってしまった。。。トラバースを抜けるとピナクルに到着。ここで支点をとりビレー。5P目はピナクルから一歩下がってからトラバースをつづけ、カンテを越えてから左上していく。高度感たっぷりで気合十分。先ほどのハングよりこちらのピッチのほうが面白い。

6,7Pは若干草付き混じりのルートで数箇所しっかりとした支点が作れるところがある。一個目の支点でとってしまい、次のピッチでロープが足りなくなりハイマツで支点をつくりビレー。で終了点到着。ここからは30分ほど進み北尾根稜線にでた。5・6のコルを経由してBCに向かうが、踏みあとが明瞭なため迷うことは無い。

P1010017

bc2_b

関連した山行記事

  • 2003年度新人歓迎合宿 小川山 2003年5月3日~5日2013/01/31 2003年度新人歓迎合宿 小川山 2003年5月3日~5日 2003年度新人歓迎合宿 小川山 […]
  • 個人山行 太刀岡山左岩稜2019/06/26 個人山行 太刀岡山左岩稜 場所:山梨県 太刀岡山日時:2019年6月1日メンバー:松原(3年) 羽田OB 朝5時半に駅に集合し、太刀岡山駐車場へ向かいます。約2時間ちょっとで太刀岡山駐車場 […]
  • OB企画:小川山クライミング山行2016/10/12 OB企画:小川山クライミング山行 OB企画小川山クライミング山行 日程:2016/9/24,25 参加者: 現役 中西、田口、田中、杉本 OB 鈴木、依田 監督会 古城、角田、村上 その他 […]
  • 小川山 20150424-262015/05/08 小川山 20150424-26 小川山 20150424-26 真下4年・中西3年・池内2年・増子2年・佐々木1年・高口1年 鈴木OB 4月24日(金) 授業の後、増子は鈴木OBと、それ […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。