ヒマラヤ遠征 検討会 2013年3月20日

ヒマラヤ遠征 検討会 2013年3月20日
本田(3年) 真下(1年) 古城(OB) 萩原(OB) 村上(監督)

写真

■装備確認

保有テント
ゴアライト2,3人用テントがフライ・外張りのみの1セット不明な状態。本体の所在を確認する必要あり。遠征には、ゴアライト2,3人用、ゴアライト1,2人用の2張りを使用することとする。

登攀具(ロープ、カム)
岩壁登攀の際にはハーケンを使うことを想定していたが、時間短縮のため、ナッツ1セットを使用することとする。

■訓練山行計画

3/23,24:赤岳主稜
GW(前半or後半):鹿島 東尾根
2泊3日で鹿島ピストン。布引へは向かわない。
三ツ峠:適宜週末に実施
ロープワーク。ユマーリング技術の習得を目的に、一般ルートでの訓練。クレバス脱出を想定した、技術の習得も行うこと。

■ヒマラヤ委員会進捗報告

どのように情報を共有するか。
⇒ホームページからの発信とする。紙面作成⇒郵送費、印刷代等の負担増。緑が丘通信⇒月1回の発行、紙面制限。を鑑み、ネットでの限定した情報公開。
何をどのようにして共有するか。
⇒予算関連面のみ、メーリングリストでの限定した公開とする。担当は古城

■為替
円安ばく進中・・・95円/ドル
ドルへの両替タイミングについては、しばらく様子を見る。

■高所登山研究会 情報共有:
ダイアモックス:強制的に呼吸を活発化させることで、高度順応を促すためのもの。高山病になる前に飲むのがよい。
高所への対応:呼気から水分が蒸発(500ml/day)していくため、日ごろよりかなり多めの1日4リットルの取得が目標。食べ物からも水分はとれているので、飲料としては3リットル程度。
高所でのエネルギー:高所⇒糖質。5000m以下⇒脂質。が効率よくエネルギーを摂取するもの。
高山病になりにくい体質:ヘモグロビンの増加がポイント。日ごろから、ヘモグロビンを多く摂取するように心がける。
タンパク質を中心に、バランスのよい食事が一番の早道

関連した山行記事

  • 遠征速報:9/122013/09/13 遠征速報:9/12 現地時間9/12 21:00にタプレジェンに無事到着。昨日はイタハリに泊まったとのこと。2日間それぞれ12時間以上のバスの旅でようやくキャラバン開始地点に到着です。 タプレ […]
  • 先発隊出発2013/09/09 先発隊出発   9/8 朝9:35 の便で無事先発隊:古城(OB)、本田(4年)、真下(2年)、中西(1年)が飛び立ちました。装備・行程の最終すり合わせを行い、まずは […]
  • 渓流釣り@新潟県魚野川支流 13/6/7-92013/06/17 渓流釣り@新潟県魚野川支流 13/6/7-9 渓流釣り@新潟県魚野川支流の五十沢、三国川の下津川 2013年6月7日~9日 土田さん(OB)、本田(4年)、真下(2年)、岡本(2年、文責) 新潟県にOBの土 […]
  • 慰霊祭山行 明神5峰 南西稜 2012年10月20日2013/02/08 慰霊祭山行 明神5峰 南西稜 2012年10月20日 山岳部では亡くなった先輩方を尊む慰霊祭が、毎年10月に行われている。そして前日には慰霊祭山行として、北アルプスの近辺の山を登ることを習わしとしてる。 2012年はヒマラヤ遠 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください