個人山行:三つ峠

場所:山梨県 三つ峠

日時:2019年6月22日

メンバー:松原(3年)他OB1名

6月21日

本当は谷川中央カンテに行く予定だったが、雨がひどそうなので三つ峠へと転進した。今年谷川の計画を何度か立てているが、全部雨で中止になっていて悲しい、、、(実はこれを書いている週の土日も谷川の予定であったが、大型台風接近でポシャりそう、、、)。三つ峠は結構思い入れのあるゲレンデなので気持ちを切り替えて楽しむことにした。レンタカーを借りて三つ峠駐車場へ車を走らせる。駐車場に着くと辺りは真っ暗、雨はポツポツと降り始め、翌日のコンディションは期待出来ないのが目に見えて感じられた。雨がやむことに一縷の望みをかけ就寝する。

6月22日

翌朝は雨は止んだみたいだが道は濡れており、気分がなかなか乗らない。そのせいかゲレンデなのにアプローチの道を間違えてしまい1時間ほどロスするも、屏風岩には誰もおらず不幸中の幸いであった。

岩は濡れている場所はビッチョリだが、辛うじて乾いているルートもいくつかあり、私たちは1番人気の中央カンテルートから登り始めることにした。

岩が割と乾いていたおかげか、初めて登るルートであったが意外と容易に登れてウハウハしていたら、怪しい雲がこちらに接近してくる。仕舞いにはガスって視界が消えるし雨降ってくるしで服はビッチョリ、寒さとの戦いになる。岩が濡れてしまったのでフリー突破は諦め、人工に移ってジリジリ進んでいく。ひしゃげたハーケンが抜けないことを祈りつつアブミに乗り込むのは何とも言えない緊張感があって楽しい。結局トップアウトした時には2人とも芯まで冷え込み震えが止まらなくなってしまったので急いで懸垂下降&撤収した。なお中央カンテルートは懸垂下降する際は右の凹角から下降するとロープがスタックしやすいので、リッジから下りるか登ってきたルートに沿って下りていくことをお勧めします。

下山後はOBの堀内さんのお宅へご挨拶に伺いました。いつもいつも急な訪問にも関わらず、温かく出迎えてくださり食事までご馳走して頂きました。冷えた身体と空いた腹に温かいご飯が染み渡りました。堀内さんいつもありがとうございます!

文責:松原

関連した山行記事

  • 万太郎本谷遡行2015/08/24 万太郎本谷遡行 万太郎本谷遡行 2015年7月11日(土)‐13日(月) 真下孝典(4年)、中西謙(3年)、佐々木尚仁(1年)、高口真一(1年)、角田樹来(コーチ)、角田友人 1日 […]
  • 日本山岳会 年次晩餐会 特別講演 2015/12/52015/12/07 日本山岳会 年次晩餐会 特別講演 2015/12/5 日本山岳会の110周年 祝賀晩餐会 で、海外登山の講演。現役4年真下が隊長として発表を行いました。 海外登山報告(真下):日本山岳会学生部ネパール東部登山隊遠征報告 […]
  • 甲斐駒 南山稜 2003年2月14日~2003年2月19日2013/01/31 甲斐駒 南山稜 2003年2月14日~2003年2月19日 甲斐駒 南山稜 […]
  • 遠征速報:10/42013/10/04 遠征速報:10/4 本日10/4は天候がよくないため、C1へ停滞しています。 早朝の気温は1℃前後。雪が降っており、テント周りは 真っ白です。 いよいよ、C2への荷揚げも進んでいることからアタッ […]