【講習会】雪崩から身を守るために

今年も実施することとなりました!従来どおりオフラインで講堂に集って講師から熱のこもった講演をダイレクトにお伝えしたいという想いがあったものの、昨今のコロナ禍を鑑み、オンラインによる実施となりました。

オンラインではありますが、これまでと変わらず、最大限の熱量をもって望みたいと主催者一同でがんばっていきます。
2020年冬は雪が多いとの予報もありますので、是非この機会に雪崩についてシーズン前のおさらいをし、事故なく登山やスキーの活動を皆様が安全にできることを祈っています。

日 時】 2020年11月29日(日)《オンライン開催》 10:00~17:00

【会 場】 青山学院大学よりオンラインライブ配信

【主 催】 青山学院大学山岳部・雪崩事故防止研究会

【後 援】 公益社団法人日本山岳会公益社団法人東京都山岳連盟公益社団法人日本雪氷学会 雪崩分科会株式会社山と溪谷社・那須山岳救助隊・公益社団法人日本山岳ガイド協会

【協 賛】 株式会社ミウラ・ドルフィンズ株式会社ゴールドウインパタゴニア日本支社アメアスポーツジャパン株式会社AUTHENTIC JAPAN株式会社株式会社アスティ日本山岳救助機構合同会社FIELD EARTH株式会社マジックマウンテン株式会社ロストアロー株式会社アルペン株式会社モチヅキ(順不同)

【申 込】 オンライン参加事前申込制《無料》 【申し込み・登録はこちらから】

【プログラム】

10:00~     開会挨拶  松原峻彦(青山学院大学山岳部)

10:05~10:55 「雪と雪崩の科学」(参考図書①、②)
西村浩一(名古屋大学名誉教授、公益社団法人日本雪氷学会 会長)

11:00~11:15 「積雪安定性評価」(参考図書①、②)
榊原健一(雪崩事故防止研究会、雪氷災害調査チーム、MountainSafty.info、北海道医療大学)

11:20~12:10 「雪崩のリスクマネジメント〜行動と装備~」(参考図書①、②)
大西人史(雪崩事故防止研究会、雪氷災害調査チーム、北海道立総合研究機構)

13:00~13:35 「雪崩捜索救助(AvSAR)」(参考図書①、②)
榊原健一

13:40~14:30 「雪崩事故の医学」(参考図書②)
及川欧(雪崩事故防止研究会、雪氷災害調査チーム、旭川医科大学)

15:00~15:50 「北海道のエアーレスキューについて」
北條二郎(北海道防災航空隊隊長)

15:55~16:55 「2019/2020雪氷災害調査チームによる雪崩事故調査報告」
・トマム山(フランス人1名死亡)・敏音知岳(イギリス人1名死亡)・羊蹄山(1名死亡)の雪崩事故
・ニトヌプリ(1名負傷)・武佐岳(2名負傷)の雪崩事故
・白馬栂池、スラロームプロービングによる世界初の生存救出事例(埋没3時間)

16:55~     閉会挨拶 阿部幹雄(雪崩事故防止研究会)

  • ※雪氷災害調査チーム:公益社団法人日本雪氷学会 北海道支部 雪氷災害調査チーム
  • ※都合により講演時間、講演者等変更になる場合がございます

関連した山行記事

  • 遠征速報:9/232013/09/23 遠征速報:9/23 ただ今、ロナークにいます。明日はパンペマへ高度順応を行いにいく予定でした が、隊員の順応が予定よりも良い感じで進んでいるため、明日はベースキャンプ 入りと変更します。 マシモ […]
  • 遠征慰労会 2013年12月13日2013/12/16 遠征慰労会 2013年12月13日 アウトライアー遠征慰労会 @箱根湯本 吉池温泉旅館 2013年12月13日~14日 OB:岩井・土田・村上・古城 現役:本田・真下・中西 50日近くをネパールで寝食を […]
  • 第15回北丹沢12時間山岳耐久レース 2013/5/7 2013/07/08 第15回北丹沢12時間山岳耐久レース 2013/5/7 距離:44.24km タイム:7時間29分 種目別順位:140/481 コーチ角田が友人に誘われて参加。 天気快晴、湿度高く、気温は熱中症による緊急搬送33名を出す程。 […]
  • 個人山行:水無川本谷2021/06/17 個人山行:水無川本谷 F2 コロナ禍ではあるものの、密を避けた沢の中であれば迷惑も危険も回避できるという考えで、強引に沢登り計画が立てられた。今回のメンバーは、角田コーチ、ナベアツOB1年目、 […]