衛星電話

今回のヒマラヤ遠征では、これまでの一般的な衛星電話による緊急時連絡としての用途以外に、現場の様子をリアルタイムに伝えるという目的を加えた。

1173702_619266741441152_914439591_n

そのために、、

  1. パケット通信用衛星電話
  2. パソコン端末
  3. 充電池
  4. 太陽光パネル

と大幅に装備が増えておおよそ8kg程度の増量。若干コストはかかるが何よりも50日以上日本を離れている期間にも写真が送れるという大きなメリットがある。また、この通信環境になったことで、SMSやEメールも使えるようになる。日本からの連絡ももらいやすくなった。

写真は太陽光パネル。

通信テストも端末設定も完了。

関連した山行記事

  • ヒマラヤ遠征 準備 2013/07/202013/07/20 ヒマラヤ遠征 準備 2013/07/20 メンバー:本田(4年)、真下(2年)、中西(1年)、古城(コーチ)、萩原(OB)、村上(監督) 青山部室に各自の個人装備と先に輸送する団体装備の持ち込み。 これか […]
  • 2018年ヒマラヤ遠征 ご支援の御礼2018/01/31 2018年ヒマラヤ遠征 ご支援の御礼 mont-bell様が行っているチャレンジ支援プログラムに2018年ヒマラヤ遠征(約7000m未踏峰)の計画で申し込みしておりました。 そしてこの度、正式にモンベル様から御 […]
  • 橋の補修 2014年10月15,16日2014/10/20 橋の補修 2014年10月15,16日 上高地に建立している慰霊碑。実はそこに行くまでには川を渡らなくてはいけないのだが、数十年の年数とたたび重なる台風などの影響によりかなり老朽化していた橋がある。 若者でも腰の […]
  • CASIO ProTrek のモデル2013/02/01 CASIO ProTrek のモデル 2010年にチャレンジしいまだに未踏峰であるヒマラヤのJanak […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。